IMPORTED & VINTAGE RECORD STORE - R&R / SOUL / PUNK ROCKの秘密基地 -

TIME BOMB RECORDS

大阪市中央区西心斎橋2-9-28
サンボウルB1
TEL 06-6213-5079
OPEN 12:00 - 21:00 無休
  ENGLISH
店頭・HPは内税(税込)表記です
2017 TIME BOMB RECORDS 27周年セール Vol.1 9/16(土)〜9/22 (金) 新品10%OFF!中古15%OFF! Vol.2 9/23(土)〜10/1(日) 新品10%OFF! 中古25%OFF!

CATEGORY

NEWS FROM STAFF

50's + 60's OLDIES & R&B / SOUL

担当:小玉(店主)

BLOGTWITTER

PUNK / SKA-REGGAE / ALT / POPS USED-RARE各種

担当:高阪

BLOGTWITTER

HARDCORE / METAL / ALT-INDIES NEW各種

担当:小路

BLOGTWITTER

60'S & 70'S ROCK-POPS

担当:秋葉

BLOGTWITTER

NEO ROCKABILLY & PSYCHOBILLY

担当:高阪・小路

BLOGTWITTER

TIME BOMB RECORD LABEL

SHAMALAMA

SHAMALAMA

(Vo) FIRE、ICHIGO-CHANG、LINUS、TAKA、BILLY 、YAMA-CHANG
(SAX) STEVIE-WADA
(G) SUGI、HISA-NEE
(B) MICKY
(Dr) MIZU-CHANG
(Key) SUMIYOSHI

 

こんなバンドを待っていた! 昨年のデビュー・ライブ以来、大阪で噂の、歌って踊って笑いありの抱腹z級エンタメR&R集団「SHAMALAMA(シャマラマ)」!

奇跡の平均年齢47歳、男盛りの男祭りな男達、しかも国産ロックバンド史上最大人数(?)の12人!メンバーは大阪各方面の顔役勢揃いで、ロカビリーイベントの名物司会者、ロックンロールBARのマスター、ツイストダンスチームのリーダー、革ジャンGジャン・ハンドメイドのスゴ腕ロック職人(シャマラマ全員が着てるファラオジャケットは彼のお手製)等、オールデイーズ系の店からホストクラブまで?夜のネオン街バンドマン、リーゼント専門美容師、永ちゃんファン御用達鉄板焼屋などなど…まるでロックンロールの総合商社!!
ライブは、すべて振り付けアリ。ライブのインターバルにはメンバーによるダンスレッスンも好評開催!参加したポッチャリ姉ちゃんもツイストダイエット大成功で「スリムになって彼氏が出来ました!」と御利益満載のシャマラマはまさにロックンロールのパワースポット!
R&Rビギナーもマニアも理屈抜きに楽しめる、いそうでいなかった楽しいバンド「SHAMALAMA(シャマラマ)」の今後に御注目!

SHAMALAMA / HELLO! SHAMALAMA ROCK & ROLL PARTY [LIVE 2013.10.13]

SHAMALAMA / HELLO! SHAMALAMA ROCK & ROLL PARTY [LIVE 2013.10.13]

BOMBDVD-116 / CD / 初回特典特大ポスター付き / ¥2500(税抜)   商品ページ

昨年のデビュー・ライブ以来、大阪で噂の、歌って踊って笑いありの抱腹z級エンタメR&R集団 「SHAMALAMA(シャマラマ)」のライブ映像が遂に登場!

  • Diana
  • Little Darlin
  • The Lion Sleeps Tonight
  • Louisiana Mama
  • Jenny Jenny
  • Kanngoku Rock
  • Peppermint Twist
  • Let’s Twist Again
  • Greased Lightning
  • Johnny B Good

 

SHAMALALA インタビュー
まさにロックンロール界のパワースポットや~!
ショーマンシップ全開の強烈なステージでライブは連日超満員!ロックンロールシーンの枠を飛び越え、その人気は一般層へと広がりフロアではOLや水商売のオネエさん達も踊りまくる!そんな奇跡のロックンロールバンド、SHAMALAMAが名門TIME BOMBレコードからデビューのニュースをキャッチ!メンバーのFIRE(Vo)、MICKY(B)、ICHIGO-CHANG(Vo)にさっそくインタビューを試みたところ、なんだかまさかの展開に!?
インタビュアー:ムッケン・テイラー
●今回TIME BOMBからリリースされるという事でおめでとうございます!

FIRE(以下F)「ど~も、ありがとうございます!いやはや、まさかのDVDデビューやけど(笑)」

●音源じゃなくて映像で?

F「君らはDVDや!と開口一番そう言われて」

●SHAMALAMA自身はCDを出したいとかなかったんですか?「DVD?!」みたいな(笑)

F「ちょうど1年前くらいにこのバンドが始まったんですよ。その時はCDとかDVDを出すなんて全然無かったんです。で、このバンドやるにあたってTIME BOMBの小玉社長と話す機会があって「今度こんなバンドするんですけど、シャナナ(※70年代から活躍するアメリカのR&Rバンド)みたいな人数が多くって振付けがあってオールディーズを中心に……」って言ったら、社長が「オォ~!かなりオモロそうや!ウチから出そう!」と。

●まだライブも見て無いのに?さすが小玉社長、御目が高い!(笑)でもCD出すと思ってたでしょ?

F「いやいや、ホンマかな?って。CDとかDVD出すつもりでやってなかったから。ほんで改めて小玉社長がライブを見に来た時に楽屋に来て開口一番「君らはDVDや!」って」(爆笑)。

●SHAMALAMA自体はどういったきっかけで始めようと思ったんですか?

F「さかのぼったら5、6年前なんですけど、構想はその頃からあって」

●構想5年!(笑)

F「その頃それぞれバンドを皆やってたんやけど落ち着いてて、たまたまアメグラ(アメリカングラフティ)とかワンダラーズとか見てて、十代の頃よく聞いてた好きな曲のカバーバンドやろかなぁと。でも普通にやってもオモロない、シャナナみたいに人数増やして振付けなんかやって楽しくできたらええなあって言う話をICHIGO-CHANGとしてて」

ICHIGO-CHANG(以下I)「オモロそうやん、って思って」

F「ほんでICHIGO‐CHANGがMICKYを連れて来て」

MICKY(以下M)「そうICHIGO‐CHANGに誘われて」

●メンバーが凄い人数になってるじゃないですか。

F「想定内です。ほんで普通にカバーをやってるバンドはいっぱいおったから、どうせやったら、もっと賑やかに花火上げようと思って「じゃあ人数多くしたろ!」って。その方がやってる俺らも観てる人も楽しめるし、なおかつそこに振付けやら踊りやら入れると楽しいんちゃうかなあ。インパクトもあると思って」。ほんで今でも大阪城のストリートでロックンロール踊ってる関西ロカビリークラブのスレッズってチームのリーダーのTAKAとか誘ったり」

●見栄えがありますもんね。

F「やっぱり多ければ多いほどやな!ってICHIGO-CHANGと喋ってて、ただ「MAX13人やな!」と何かそこで浮かんで!(爆笑)」

●今現在は?

F「ちょうど13人!(笑) ライブ会場探すのが大変です。でも厳密に言うたら1人ヘルプなんですよ、キーボード(SUMIYOSHI)が」

●そのキーボードの方が正式メンバーにならない理由はなんなんですか?

F「僕らロックンロールのビジュアルバンドやし(一同爆笑)]

●一番派手な格好してるじゃないですか!金色の全身タイツ!

F「いや、金色が一人居たらお金たまると思って(爆笑)。別にね、入れたくないとかないんですけど、大人の事情って事で!(きっぱり)」

●SUMIYOSHIさんが入りたくないとか言ってる訳じゃなくて?

M「なんやったら逆に望んでる!」

F「しかしシャマラマは面接とかハードル高いよ(一同大爆笑)限りなくメンバーに近いサポート」

M「演奏はともかくね(笑)」

●SUMIYOSHIさんはともかく他のメンバーさんの衣装はかっこいいですよね。

F「衣装はみんなICHIGO-CHANGの手作りで。完全オリジナルですよ!」

●ええーっ!そういうお仕事をされてるとか?

I「いや、なんか趣味やねん(笑)」

●趣味のレベル超えてますよ!皆さんキャラ立ちしすぎです!他のメンバーさんも紹介してもらっていいでしょうか?

F「今日来てる以外では、LINUS、TAKA、BILLY、あとお好み焼き屋のYAMA-CHANG。以上6人がボーカル」

●YAMA-CHANGさんはお好み焼き屋を経営されてるんですか?(笑)

F「そう!宗右衛門町のドンキの近くで、コテコテって名前で(笑)」
●バックのメンバーの方もSaxのSTIVIE-WADAさん(スタコラサッサーズ)がいたりして、猛者ぞろいですよね。

F「彼は色んな所で吹いてるよ!某有名ロックンローラーのバックからホストクラブの営業まで(笑)。後はSUGI(Gt.)、HISA-NEE(Gt.)、MIZU-CHAN(Dr.)、BEN(Dr.)。BENちゃんは元ニューエストモデルってバンドのドラマーやったり、知る人ぞ知るみたいな人達が気ィついたら集まってた(笑)。濃いメンバーが集まってるから1年2年ではまとまらんかった。5年かかったよ!」

●ライブまで5年(笑)

F「説得じゃないけどタイミングもあるからね。くせのある人間ばっかりで」
I「それなりの年月かかったね」

●一筋縄ではいかないメンバーをFIREさんがまとめ上げたんですね!

F「まとめたというか、逆にメンバーのお蔭ですよ。しかしこれが10年早かったら出来てないですね。我が出過ぎて。僕ら、奇跡の平均年齢47歳なんで(笑)。今だから出来た、酸いも甘いも苦いも辛いも知った今だったからですね」

●そんな人気者が集まってるからライブも毎回凄い動員ですよね。

F「自分らも楽しいけど、まずは観に来てるお客さんを巻き込みたいから。お客さんが一緒になって踊れて、それがなによりってのがあってのこのバンドやから」

●逆にお客さんを躍らせる為には自分達も完璧に踊れないと駄目じゃないですか。そこは皆さん最初から出来てる人ばっかりだったんですか?

F「それが……スタジオでの練習は気付いたら振り付けの練習で、演奏そっちのけ(笑)バックの連中に怒られますもん!はよ練習やろうや!言うて」

I「振り付けにはそれぐらい重きを置いてます!」

F「お客さんから逆にね、「踊りたい!」って言ってもらえて。ロックンロールとかに携わってるお客さんは良いんですけど、ある程度知ってますから。一見というか、知らずに来てくれる普通のお客さんもいますからね。メンバーにお店やってる奴もいたりするからその繋がりで」

●そういうシーンを知らない方もいますからね。

F「そう、ほんでエエ方法が無いかと思いまして。思い付いたのが、ライブ1部と2部の間にレクチャータイムを設けました(笑)。踊りを知らないお客さんの為に2ステージ目でやる曲の原曲をDJにかけてもらいまして、踊りを教えて「こう動きます、はいここで回って。じゃ30分後にこの曲やりますんでみんな一緒に踊りましょう!」ていう時間を作ったら、やっぱり皆さんに喜んでもらえて。そこから定番になりましたね」至れり尽くせりやろ(爆笑)。

●1部で興味を持たせて、1部と2部の間にダンスを教えて、2部でハマらせる、という。まさにロックンロールビジネスですね!

F「ビジネスって言うほど考えてなくて(笑)、単純に踊って欲しいからね!オールディーズ、ロックンロールは懐メロ的なものではなく現在進行形でかっこいい楽しい音楽だという事を知ってほしいし、クラブやディスコと違って生バンドで踊れるライブ、一方通行じゃなくて空間をお客さんも我々も共有する、それがしたかった!ロックンロールを敢えて日本語でやるというのも、そういう音楽を日本語でやると「やぼったい」「かっこわるい」というイメージがあるかも知れないけど、逆に日本語でやった方が自分達も感情を込めやすいし、ちゃんとやったらシュッと聞こえる!と思いましたね。
ちなみに(シュッと)は大阪弁で「スマート」とか「カッコイイ」って意味。

●……めっちゃ真面目じゃないですか。

F「真面目やで(一同笑)。あとそうそう、ライブ中に寸劇とか。寸劇というか、しょ~もないショートコント(笑)。せやけどあれも大変やねん。」

●台本はFIREさんが?

F「台本ないねん(笑)。もうその場に行って、一応大筋みたいなのは考えてきてるんですけど、スタジオで。

●バンドの練習して下さいよ(笑)。

F「で、後はその場のノリでやるんやけど(笑)。曲と曲のちょっとした間に、音曲入りコントをやって。オチのところで、ジャンジャン!とかバンドと合わせるのが大変で。あれが一番難しい!もう持ち曲よりも(笑)」

●クレイジーキャッツみたいですね!

F「ドリフとか、あそこまで出来ないけど、ああいう感じとかやりたかったんですよ。みんなに元気になって欲しいですね。なんせ僕らロックンロール界のパワースポットですから!」

●パワースポットって!(笑)

F「大学受験を3浪してた子がSHAMALAMAのライブに来たら受験合格した、とか(笑)腰の曲がったおばあちゃんが、SHAMALAMAのライブ来たら曲がった腰もシャンと治った!(笑)とか。ほんで最終的に壺と印鑑と水晶を買って頂くと」(一同爆笑)

M「うさんくさいわ!(笑)」

●では最後に何か読者に伝えたい事があれば。

F「う~~ん」「愛、ですかね」(一同爆笑) あと、夏前後にDVDを出す……予定!」

●予定って、発売決まってないんですか!?
F「いやいや出る出る!よろしくお願いしま~す!」

アカウントログイン


新規アカウントを作成する

パスワードを忘れてしまった